FORGOT YOUR DETAILS?

信雄前川師範

合気鳴鶴会の創業者

信雄前川師範

合気鳴鶴会の創業者について

信雄前川師範は1948年兵庫県生まれ。

信雄前川師範は高校時代の1963年に合気道を学び、1964年には合気道クラブを設立しました。
1967年には鳥取大学に入学し、空手を学ぶために沖縄を訪れながら大学の合気道クラブを設立しました。当時、彼は旧式の大東流合気柔術、大月流合気柔術を学び始めた。

彼は卒業後、合気道の訓練のほかに、1980年から1998年にかけて東京で大東流合気柔術を学び、
1980年から1997年まで鳥取大学の学生に合気道を教えました。また、琉球大学の学生たちに合気道を教えています。 1988年。

2000年、前川先生は武術会を創設し, (鳴鶴会) 東京と沖縄で合気柔術を教え始めました。.

2002年には、彼の道場が京都に建設されました。 (現在は鳴鶴会本部道場です)。

2014年に前川先生が京都の合気会長に選出されました。

前川先生は現在、公益財団法人合気会の第6ダンを擁しており、伝統的な合気柔術の巨匠でもあります。

前川先生の経営下で、京都と沖縄の本尊で定期的に開催されます。 その後韓国ソウルで新しいグループが結成され、ハンガリー、ブダペストでもグループが結成されました。

鳴鶴会のクラブは、公益財団法人合気会と国際合気道連盟に登録されていますが、合気道と共に、古代の技術である合気の研究にも力を入れています。

TOP